上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。まずは催事情報です。

本日5月25日(金)~27日(日)の3日間、「アンティークフェア in 新宿」に出店しております。
会場は、新宿「スペースセブン・イベント会場」(ハイアット・リージェンシー東京/小田急
第一生命ビル)。
時間は11:00~18:00(最終日は17:00まで)です。
入場無料ですので、お時間がありましたらぜひ覗いてみて下さい!


さて、時折夏のように暑い日があったりして、冷たい飲み物や食べ物が欲しくなる季節となりました。
そこで、これから出番の多くなるグラスウェアをご紹介します。

フィンランド最古のガラス工場「Nuutajarvi(ヌータヤルヴィ)」で、1960年代からトップアーティストとして活躍するOiva Toikka(オイバ・トイッカ)の作品達。
「カステヘルミ」「ファウナ」「フローラ」と、北欧の豊かな自然をそのままガラスに映した
デザインはとても生き生きとしていて、どのシリーズもそれぞれに人気が高いです。

RIMG0741.jpg
画像右手、「露のしずく」という意味の「kastehelmi(カステヘルミ)」シリーズは、1964年~70年代まで製作されました。
取っ手付きカップ \5,250、ミニプレート \2,415。
*このシリーズは、トイッカのデザイナー歴50周年を記念して、2010年に「Iittala(イッタラ)」より復刻されましたが、掲載品は全てヴィンテージです。

RIMG0752.jpg
「Fauna(ファウナ)」シリーズ。1970~84年まで製作されました。
ファウナとは「動物相」という意味で、動物達が楽園で暮らしている様子が描かれています。
ボウル(S) \6,825、ボウル(M) \7,875、特大ボウル \12,600、取っ手付きカップ \5,250、
ミニグラス \5,775。

RIMG0768.jpg
「Flora(フローラ)」シリーズ。1966~91年まで製作されました。
フローラとは「植物相」という意味で、様々な種類の草花がかわいらしく描かれています。
「ヌータヤルヴィ」が「イッタラ」に吸収合併された後にも製造され続けた人気シリーズ。
ボウル(S) \6,300、ボウル(M) \7,350、グラス(S) \5,985、グラス(M) \6,300、アイスクリームカップ \6,300。
*画像左のグラスは、太陽光や白熱灯の下では淡いパープルに、蛍光灯の下では薄いブルーに見えます。様々な表情を見せてくれる特別色で、こちらのみ \7,140。


画像に写っていないカラーや、複数在庫を持っている商品もあります。
お気軽にお問い合わせ下さいね。

アシスタント 藤井


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。